2017年4月〜2018年3月

copyright©2011 Rokko Soshukan all rights reserved.
本文へスキップ

進学教室 六甲創修館は神戸第1学区の小学生・中学生・高校生のみなさんが自信を持って学生生活を送り、夢を叶えるお手伝いをする進学指導専門塾です。

TEL. (078)801-3186

〒657-0051 神戸市灘区八幡町3-6-22

中学2年生8TH GRADE

 中学受験と高校受験の最も大きな違いは、中学受験が小学校での勉強とおよそかけ離れたものなのに対して、高校受験はまず中学校での勉強がベースになることです。もちろん、難関私立高校の受験はそれだけでは足りませんし、神戸、御影等の公立高校に進んでも、高校入学後のあまりの進度の速さに、悲鳴を上げる生徒が多いようです。
 当塾ではまず
学校での学習を大切にし、しかし、高校合格のみを目標とはせず、高校に進学後も上位の成績を収められるよう、また、中3生からスタートしても難関私学へもチャレンジできるよう、英語・数学ともに高校の内容にまで一部踏み込んだ、本質的、将来的な授業を展開していきたいと思います。
 また、
英語・数学ともに、同じ専任講師が3年間持ち上がり制で教え続けることにより、あらゆる面で生徒に目が行き届いた指導ができると確信しております。
 各教科・各クラスごとに担当教師が責任を持って、個々の生徒の修得度を把握し、必要に応じて、質問・補講・追試・個別指導等、あらゆる手段を講じて、生徒が持っている能力を最大限に引き出す努力をしていきます。
各学年[T・S] 2クラス編成

・・・トップレベルクラス

創修館独自の3年間カリキュラムによって、ハイピッチな授業を展開、全員を神戸高校合格レベルの実力まで養成し、将来は有名大学への進学を目指します。また神戸高校へ学力・内申点ともに到達し、その上で池附・関学等へ進学希望の方には個別に対策授業を行っていきます。

・・・スタンダードレベルクラス

御影・葺合等公立高校への進学を果たし、高校での授業にもスムーズに対応できるだけの実力をつけ、将来の大学入試に十分耐えられる人材を育成していきます。
新1年生の授業開始について

  新年度は3月に開始いたします。詳細な時間帯などにつきましては、各教室担当者
 が、入塾手続の際にお知らせします。
時間割&諸費用
時間割
諸費用
(上記の金額は全て消費税別で、これ以外の費用が掛かることは一切ありません。)

20,000円

入塾テストの翌週より

1時間目 [7:10〜8:20]
2時間目 [8:30〜9:40]
1時間目 [7:20〜8:25]
2時間目 [8:35〜9:40]

[11月〜4月]

[5月〜10月(サマータイム)]

[週2回](英・数)を履修する場合       22,000円

[週3回](英・数・国・理)を履修する場合  28,000円

[1週間あたり]  25,000円

春・夏・冬の各長期休暇中に実施

入学金を納めていただきます。

三井住友銀行より自動引き落としとさせていただきます。

※支店はどちらでも結構です。

※自動引き落としがオンラインされるまでは、振込用紙をお渡ししま
 すので、お振込み願います(ATMからでも結構です)

※支店はどちらでも結構です。

※自動引き落としがオンラインされるまでは、振込用紙をお渡ししま
 すので、お振込み願います(ATMからでも結構です)

【割引制度】
● 兄弟割引  ・・・兄弟姉妹が在籍している場合、双方の授業料から5,000円ずつ減額いたします。
           (ただし、小学生と中学生の場合には、中学生の方のみ割引いたします。)

● 母子家庭割引・・・手続き時に申請していただければ、入塾金および授業料部分を半額にさせていただきます。
           (ただし、兄弟割引との併用はできません。)





下記時間割は2017年度(平成29年4月〜30年3月のものです)


1年生 理科 英語 英語
国語 数学 数学
2年生 英語 英語 理科
数学  数学 国語
3年生 理科 英語 英語
国語 数学 数学

(必修科目)

 発展レベル問題集とオリジナルテキストを使用して、一部中3の内容までを理解していくことを目標とします。両クラスとも学校レベルだけではなく、英検や入試に直接結びつくよう効果的な学習を目指します。  

(必修科目)

 「式の計算」,「不等式」,「連立方程式」,「一次関数」,「図形の基礎」,「合同と図形」までを年内に終えることが目標です。3学期には1年からの総復習を行い、中3から回数の増える実力テストに備えます。その後3月には中3の内容へと進みます

(選択科目)

 この学年では、難解な文章を読みこなす力を養成していくとともに、口語文法の基本事項についての仕上げを行います。また、古文については、まず基本単語を覚え、文章に慣れることを目標とします。教材は、発展レベル問題集の他、適宜オリジナル教材も用いていきます。漢字の小テストは、中1に引き続き毎時間行います。

(選択科目)

  第1分野からは、「電流とその働き」を、第2分野からは、「天気と変化」を中心に取り上げ、計算分野を中心として、どんな分野にも対応できる力をつけていきます。
2年生講座案内